Google adsense

※Wiki作成方法 まとめwikiでは、wiki作成が主眼であり、広告設置は考察する場であって、ポイントサイトを紹介誘導したりする場ではありません。編集する方は十分注意して下さい。

Google adsense導入を考察


  • 当サイトでも利用しているGoogle adsenseを一連の例にあげるので考察してみよう。Google adsenseは、幅広い色々なサイトの管理人に使用され、表示される広告も社会的良俗の範囲内であることから、とても安心な広告です。それ故にサイトの適正審査も厳正です。基本的にサイトは7割以上完成している状態で審査を申請して下さい。他の広告が貼ってあったり、暴力的風俗的な描写や表現、著作権に抵触していない限りは、問題ないと思います。基本的にwikiは、骨組みをまず作成して共同で編集作成してくものと考えるので、申請には適していないかもしれません。サイトの完成の割合からして不十分と考えられます。wikiが7割くらい完成していればいいかもしれませんが、そこは出来具合いによると思います。申請するサイトを考えるのであれば、普段良く更新してるブログなどがいいと思います。審査を申請してる間に、wikiの方を頑張って作成していきブログ審査合格後、wikiが7割くらい完成したら広告を設置してGoogle adsenseにwikiのサイト登録をする流れがいいと思います。Google adsenseのアカウントは個人に対して 1つだけしか作成できません。1つのアカウントで複数サイトに広告設置は可能です。Google adsenseの禁止事項をよく読んでみて下さい。

Google adsense


  • Google adsenseは、Googleが提供してるクリック報酬型広告で、正式名称は 「検索連動型およびコンテンツ連動型広告」であり審査がある。

Google adsense設置までの流れ


<サイト作成>

   ↓

<Google adsenseに、サイト登録>

   ↓

<Google adsenseに、サイト申請>
※必ずお支払い受取人の氏名入力は 半角カタカナで、氏名と名前の間は半角スペース

   ↓

<1次審査>

   ↓

<2次審査>

   ↓

<審査通過メール>

   ↓

<広告作成>

   ↓

<広告設置>

   ↓

<一定の報酬が確定したら、PIN番号が記載された封筒が、登録した住所に届く>

   ↓

<PIN番号を入力し、口座登録をする>

   ↓

<全ての手続きが完了>


Googole adsenseの広告設置数


大きく分けると3種類


  • 広告ユニット → 画像

  • リンクユニット → 文字

  • 検索向けAdSense → 検索

設置数


1ページに貼れる広告の数は

広告ユニットが3つ リンクユニットが3つ 検索向けアドセンスが2つ

  ↓

【全部で最大8つの広告が貼れる】

広告作成


  • サイトに合った広告のサイズを選択し コードを取得

wikiへの設置


  • 広告設置する場所は、基本wikiの閲覧の邪魔にならない所 両側サイドバーなどが無難。wiki本ページへの貼り付けはやめよう。

  • サイトへGoogle adsenseを設置するとき、広告の上部に必ず「広告」か「スポンサード リンク」か「スポンサーリンク」を見出しでつけて下さい。※スポンサード リンクのドとリの間に 半角スペースを入れて下さい。

  • 無料レンタルwikiを利用してる場合、広告設置可能ならフリーエリアが設定されてるのでそちらにコードを貼り付けるだけで設置ができる。

  • wikiソフトウェアをインストールしてる場合は、好きな場所へ設定し、コード貼り付けができるので広告設置する。


  • 最終更新:2014-12-21 02:33:33